こんにちは、根本自己分析習得中の大西です。

 

映画「リメンバーミー」は、家族愛について語られることが多いですよね?

僕も家族愛については心にジーンと来たのですが、それ以上に夢の実現について深く考えさせられる映画でした。

 

大人になると諦めがちな夢について、もう一度考え直してみましょう。

夢の実現のために最初にやることは?

このように質問されたら、どのように答えますか?

 

もしあなたの夢が人気アイドルなら「オーディションに受ける」と答えるでしょう。

もしあなたの夢がプロ野球選手なら「バットとグローブを買う」と答えるかもしれませんね。

 

僕が考える夢の実現のために最初にやることは『何があっても夢を叶える』と決めることです。

 

「えっ、そんなこと?」と思われるかもしれませんね。

家族から音楽家になることを反対されていたリメンバーミーの主人公ミゲルはどうしたでしょうか。

 

ギターも壊されてしまい、演奏会に出るための楽器すらも持っていません。

他の人よりも圧倒的に後ろの位置からのスタートです。

 

でも、たった一つミゲルは他の人にはないものを持っていました。

それは確固たる決意です。

 

「何があっても広場で演奏するんだ」

名乗りを上げよう

演奏のためのギターを持っていない主人公ミゲル。

でも、彼は「僕も音楽家だぞ」と言い、音楽家としての立ち振る舞いをしていきます。

 

あなたがすでに人気アイドルだったら、ダンスの練習を怠けたりするでしょうか?

あなたがすでにプロ野球選手だったら、トレーリングをサボったりするでしょうか?

 

きっとそんな中途半端なことはしないでしょう。

その道のプロとして行動するはずです。

誰よりも練習に励み、誰よりも努力するでしょう。

 

名乗りを上げる大切さが伝わりましたでしょうか。

さあ、あなたはどのような名乗りを上げますか?

第3の案を考えよう

名乗りを上げた時に困るのが、家族か仕事かという問題です。

主人公ミゲルも、家族か音楽か選ぶように迫られます。

 

でも、果たしてどちらかを選ばなければいけないのでしょうか?

家族と仕事を両方を満たす3つ目の案もきっとあるはずです。

 

第3の案とは、「7つの習慣」で有名なスティーブン・R・コヴィーさんが提唱した考え方です。

 

「環境保護vs経済開発」

「保守vsリベラル」

「右派vs左派」

 

著書の中では、二者択一思考が問題解決を妨げていると述べています。

どちらかを取って、どちらかを捨てるのではありません。

 

どちらも選び取ることができる新しい案を考えていきましょう。

二者択一の大きな問題を解決した時、夢の実現が叶う時かもしれませんよ。

 

最後に、主人公ミゲルの言葉を添えておきましょう。

「家族か音楽家かなんて選べないよ。支え合うのが家族でしょ?」

 

そもそも自分のやりたいことが分からない方は、根本自己分析であなたの適性を一緒に探していきましょう。

以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。