こんにちは、根本自己分析習得中の大西です。

 

映画『STAND BY MEドラえもん』を観て、学ぶことの多さに感激しました。

大人になってものび太くんのように迷い続けるのが人間です。

 

ただ、大人になると答えを教えてくれる人は誰もいませんよね?

成功していくためにどうしたら良いのか、そのヒントがたくさん散りばめられています。

一緒に読み解いていきましょう。

「どうせ」が口癖になっていませんか?

最近、あなたが発した言葉を振り返ってみてください。

 

「どうせうまくいかない」

「どうせならやらない方がマシだ」

 

のび太くんは「どうせ僕なんて。。。」といつもドラえもんに泣きついていますね。

彼のように口には出していなくても、心の中で思っているかもしれません。

 

ドラえもんは、そんなのび太くんにこう言います。

「どうせって言って諦めていたら、いつまで経っても今のままだよ?」

道具に頼らない

僕ら人間が成功を考えた時、良い道具や手段に恵まれれば簡単に手に入れることができると考えがちです。

最近の本に「一瞬できる」「1日でできる」「何もしなくても稼げる」という言葉がよくありますよね。

 

でも、成功って道具や手段に頼って手に入るものなのでしょうか?

1日1日少しずつでも努力し人間として成長した結果、人の役に立つことができる。

そんな毎日を過ごしていたら気づいたら、以前の自分よりも成長していた。

「ああ、これが成功なんだな」と、後から実感するものではないでしょうか。

 

道具に頼っても結局うまくいかないのび太くんに、ドラえもんはこう語りかけます。

「君も道具を使ったってダメだと分かったでしょ?君自身が何かしないと」

可能性は無限大

「道具・手段に頼らないと言っても何をしたら良いのかわからないよ」

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

まずは、自分ができることを考えることから始めましょう。

のび太くんは、自分を変えるために何をしたら良いかを1日かけて自分の頭で考えました。

「色々考えたんだけど、とりあえず次のテストで0点取らないように頑張ろうと思う」

 

たとえ自分の頭で考え行動しても、全てがうまく行くとは限りません。

ただ、自分の頭で考えたことに関しては必ず新しい気づきがあります。

 

気づき、傷つき、また立ち上がって、人は強くなっていくんだと、この映画を観て思いました。

 

未来の数は無限大です。

ドラえもんがのび太くんに送ったこのメッセージを、全国の迷えるのび太くん達へ送ります。

「星の数ほどもある可能性から君が選び取ったんだよ」

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「自分も良い未来を掴みたい、でも自分で考えるってどうやれば良いのかわからない」

もしお悩みなら以下のフォーマットからお問い合わせください。

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。