こんにちは、根本自己分析習得中の大西です。

 

うつ病で休職をした時に、会社に復帰するのかやめるかで迷いますよね?

今回は、実際に僕が選んだ方法とその理由を書いていきます。

うつ病で苦しんでいる人の参考になれば嬉しいです。

現在の僕は?

現在の僕は会社に「やめます」と伝えたところです。

休職をしてから約5ヶ月間経ちましたが、ようやく退職の決心が着きました。

 

不眠から始まったうつ病ですが、現在は心理的症状や身体的症状もなく前向きに過ごせるようになりました。

 

身体的な症状がなくなるまで身体を休めてから、前向きになるよう「自分にとってどんな人生が幸せか」を見つめ直したことが良かったんだと考えています。

様々な人と出逢い、色々な生き方があると知ったことも回復を後押ししました。

 

現在は、根本自己分析を始め、人のやりたいこと支援など様々な活動をしています。

5ヶ月の間、会社をやめなかった理由

では、一体なぜ5ヶ月の間は会社に籍を置いていたのかをお話しします。

 

理由はズバリ生活費が心配だったからです。

僕の会社は休職中に給料は出ません。

ただ、健康保険協会に申請をすれば給料の2/3の額を傷病手当金として受け取ることができます。

 

いきなり給料がなくなり、病院代・薬代という出費が増える状態は多少の貯金があったとしても不安です。

生活費に悩み、うつ病を悪化させてしまうかもしれません。

 

いつ回復するか分からない以上は休職扱いにして傷病手当金を受け取るのが良いと判断しました。

注意点としては、今まで半額を会社が負担していた社会保険料を支給された傷病手当金から払う必要があることです。

実際に手元に残るお金は給料の1/3程度になるため、生活水準は少し下げる必要があります。

現在、会社をやめた理由

では、なぜこのタイミングで会社をやめたのか。

理由は「会社のことを考えるとネガティブ思考に振れてしまうから」です。

 

ようやく症状もなくなり、前向きに活動ができるようになりました。

でも、会社には不定期ですが現在の症状を連絡しないといけません。

 

また、傷病手当金を申請するたびに会社へ書類の送付が必要となります。

健康保険協会から支給されるとはいえ、書類の送付先は人事部だったりするんですね。

 

マイナス思考になると、そこからプラス思考にコントロールするのって元気な人に比べて時間かかるんですよね。

思い切って会社から離れるのが身体的にも精神的にも良いと判断しました。

まとめ

うつ病で休職中に会社をやめるべきかどうかについてお話ししました。

僕の個人的な結論をまとめておきます。

  • うつ病の症状が和らぐまでは休職しましょう
  • 前向きになって精神的に足かせになるなら退職しましょう

 

うつ病になってしまうと、いつ復帰できるかは人それぞれです。

焦って会社をやめるべきかどうかを考えるのではなく、落ち着いてから進退を決めるで良いんです。

 

無理せずに自分のペースでゆっくりと元気になっていきましょう。

僕のうつ病体験談を聞いてみたい、どうやったら前向きになれるか知りたいという方はぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

きっと力になれると思いますよ!

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。